表彰式

2016年6月13日、第1回日本サービス大賞の受賞結果を発表しました。
第1回は日本全国各地より全853件にのぼる様々なサービスの応募が寄せられ、その中より、最優秀賞である内閣総理大臣賞をはじめ、地方創生大臣賞、サービスを管轄する各省の大臣賞、および優秀賞(SPRING賞)の全31件が選出されました。

  • 表彰式

    内閣総理大臣安倍 晋三 氏

  • 表彰式

    日本サービス大賞委員長 / 一橋大学名誉教授野中 郁次郎 氏

当日は最優秀賞となる内閣総理大臣賞を受賞された九州旅客鉄道の唐池恒二代表取締役会長の他、各賞に輝いた30の企業や団体の代表者が集まられました。
また、安倍晋三内閣総理大臣や関係大臣等も会場に駆けつけられ、大いに盛り上がりました。

※安倍晋三内閣総理大臣のご挨拶は首相官邸ホームページよりご覧いただけます。

野中委員長 総評 今回応募いただいたサービスは多種多様で、日本のサービス産業の縮図のようだ。日本が得意とする“モノづくり”をベースにしながらも、モノとコトの創造を生み出すサービスが多く見受けられた。受け手の想いに寄り添い、よりよいサービスを提供する過程は、アート&サイエンスの総合プロセスでもある。
優れたサービスをつくりとどけるしくみと組織の自律性、全員経営には深い関係があると感じた。

※掲載写真は本賞に関係のない使用目的での2次利用を堅く禁じます

top
©サービス産業生産性協議会(SPRING)