2016年7月、東京にて、第1回日本サービス大賞の受賞企業や団体を講師に招き、「優れたサービスをつくり届けるしくみ」の事例を共有する場として、「日本サービス大賞フォーラム」が開催されました。

当日は、経済産業省商務情報政策局の佐々木啓介氏による「2020年にGDP600兆円達成に向けたアクションプラン」の紹介と、日本サービス大賞委員会委員長の野中郁次郎一橋大学名誉教授による、「サービスの本質とイノベーション」の特別講演、事例発表、そして、内閣総理大臣賞を受賞した、九州旅客鉄道株式会社をはじめとした計13の受賞企業・団体の事例発表が行われ、来場者はそれぞれ興味のある優れたサービスの取り組みを聞くことができました。

  • 経済産業省佐々木 啓介 氏

  • 日本サービス大賞 委員長野中 郁次郎 氏

  • 九州旅客鉄道仲 義雄 氏

  • 恵寿総合病院神野 正博 氏

  • ゆうの森永井 康徳 氏

  • とくし丸住友 達也 氏

  • フォレストコーポレーション小澤 仁 氏

  • ミールケア関 幸博 氏

  • 日本食べる通信リーグ高橋 博之 氏

  • リブネット谷口 とよ美 氏

  • ラクーン小方 功 氏

  • 兵吉屋野村 一弘 氏

  • ポピンズ中村 紀子 氏

  • 九州産交バス丸山 傑 氏

  • ヤマト運輸梅津 克彦 氏

※掲載写真は本賞に関係のない使用目的での2次利用を堅く禁じます

top
©サービス産業生産性協議会(SPRING)