日本サービス大賞について

日本経済はGDPと雇用の7割超をサービス産業が占め、サービス化の流れは更に業界を超えて進んでいます。
本賞は、多岐にわたる業種の多種多様なサービスを共通の尺度で評価し、優れたサービスを表彰する制度です。 第1回表彰のとおり、国内のすべてのサービス提供事業者を対象に、「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」を有する“きらり”と光るサービスを幅広く表彰します。
本賞を通じて、サービス提供事業者のより一層の士気向上やイノベーションを促します。
一次産業、二次産業におきましても、付加価値を高めるような事業のサービス化を含め、より多くのご応募をお待ちしています。

■ 表彰対象

「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」
優れたサービスは、サービスを生み出し、日々、改善していく“しくみ” を持っています。
そんな“きらり” と光るサービスをつくりとどけるしくみを評価し、表彰します。


※ここでは、サービスの定義を「提供者と受け手の間における価値創造(共創)により、人やモノが提供する経験価値、およびそれを生み出し提供するプロセス」と捉えています。「優れたサービス」とは、サービスの受け手の期待を超える経験価値を提供するサービスを指します。そのような優れたサービスをつくりとどける構造やプロセス、およびその波及効果を総合して「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」と呼びます。

■ 表彰

内閣総理大臣賞、地方創生大臣賞、総務大臣賞、厚生労働大臣賞、農林水産大臣賞、経済産業大臣賞、国土交通大臣賞、優秀賞、JETRO理事長賞、審査員特別賞

■ 日本サービス大賞委員会

委員長 野中 郁次郎(一橋大学 名誉教授)
および、サービス提供事業の経営者、学識経験者等の有識者によって構成

■ 主催

公益財団法人日本生産性本部 サービス産業生産性協議会(SPRING)

■ 後援

総務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省

■ スケジュール

2017年6月 応募受付開始
2017年9月 審査開始
2018年春 発表・表彰  ※詳細なスケジュールはこちら

top
©サービス産業生産性協議会(SPRING)