表彰対象と応募対象者

■ 表彰対象

「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」※

優れたサービスは、サービスを生み出し、日々、改善していく“しくみ”を持っています。
そんな“きらり”と光るサービスをつくりとどけるしくみを評価し、表彰します。


※ここでは、サービスの定義を「提供者と受け手の間における価値創造(共創)により、人やモノが提供する経験価値、およびそれを生み出し提供するプロセス」と捉えています。「優れたサービス」とは、サービスの受け手の期待を超える経験価値を提供するサービスを指します。そのような優れたサービスをつくりとどける構造やプロセス、およびその波及効果を総合して「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」と呼びます。

こんな“きらり”と光るサービスが対象です




常識を覆すような、
いままで聞いたことも
見たこともないサービス




「そこまでやるか!」という、
細部までこだわりを
持っているサービス




忘れられない感動や
喜びをもたらす
物語性があるサービス




お客様と一緒に
双方向のコミュニケーションで
価値を共に創るサービス




これまでも、
これからも
長く愛され続けるサービス




地域や社会の活性化に貢献し、
市場の成長や
雇用を生み出すサービス

■ 応募対象者

優れたサービスを提供している全ての事業者が対象です

“きらり”と光るサービスを日本中から募集します。

すべての業種からご応募いただけます。

中小企業も、大企業も。

事業・従業員規模の大小は問いません。

事業の営利、非営利も。

企業・団体・NPO等の法人格は問いません。

BtoBも、BtoCも。

きらりと光るサービスに対象の違いはありません。

製造業のサービスも。

業種は問いません。(行政サービスは除く)

※商品や技術そのものの機能や品質ではなく、それらを取り巻くサービスが対象となります。
※その他、詳細な応募資格は応募要領をご覧ください

top
©サービス産業生産性協議会(SPRING)