第2回 受賞サービス

地方創生大臣賞

食べ物つき情報誌「食べる通信」
サービス名
“お客さま目線”“地域と共に”の想い「脱・銀行」への挑戦
事業者名
株式会社大垣共立銀行(岐阜県)
選考理由
銀行の常識にとらわれることなく、お客さま目線で進化を続けるOKB大垣共立銀行のサービス。「OKBはサービス業」との企業文化を浸透させ、地域密着で顧客の利便性を追求したサービスを開発・実施する体制を構築。年中無休のATMや移動店舗、ドライブスルー店舗、手のひら静脈認証だけでの取引など、業界初の様々なサービスを次々と実現。「サービス業」としてお客さま目線のサービスを生み出し続けることで、地域の顧客満足を高めるとともに、地域経済の活性化に寄与している。

※掲載写真は本賞に関係のない使用目的での2次利用を固く禁じます

top
©サービス産業生産性協議会(SPRING)