日本サービス大賞について

分野を問わず、幅広いサービスの中から
優れた事例を表彰します。

日本経済は、サービス産業がGDPと雇用の7割超を占めています。また、業種区分にかかわらず、製造業や農林水産業を含め、現代ではあらゆる事業がサービス化しています。
事業を通じて、顧客と影響し合いながら、顧客にとっての価値を実現する。それを私たちはサービスと捉えており、その実現する価値やプロセスが優れた事例を広く募集いたします。参考になる取り組みであれば、地味でも小規模でも構いません。
皆さんのサービスの魅力や創意工夫を私たちに教えてください。そうした「知」を共有し、活用することで、日本の社会をより豊かにしていきたいと考えています。

■ 表彰対象

「革新的な優れたサービス」

サービスの高度化と産業の発展を先導する、きらりと光る新しい価値を提供しているサービスや、
これまでになかった新しいやり方を実現しているサービスが対象です。

■ 賞の種類(予定)

内閣総理大臣賞、経済産業大臣賞、総務大臣賞、厚生労働大臣賞、農林水産大臣賞、国土交通大臣賞、地方創生大臣賞、JETRO理事長賞、優秀賞、審査員特別賞
各賞は該当なしの場合があります。また、賞の種類は新設する場合があります。
受賞事例以外でも、優れた事例を広くご紹介する場合があります。

■ 日本サービス大賞委員会

  • 委員長

    村上 輝康

    産業戦略研究所 代表

委員は、経営者、学識者等の有識者で構成

■ 主催

公益財団法人日本生産性本部 サービス産業生産性協議会(SPRING)

■ スケジュール

2024年6月3日応募受付開始
2024年7月23日応募締切(15:00まで)
2025年夏~秋発表・表彰  ※詳細なスケジュールはこちら

top

後援・協力

©サービス産業生産性協議会(SPRING)