審査基準

サービスの高度化と産業の発展を先導する「革新的な優れたサービス」であること。
優れたサービスの本質である、サービスの送り手と受け手の「価値共創」※1を軸に、以下に示したような観点から、定性的・定量的に段階的な審査を行います。
審査は経営者、学識者等の有識者で構成された「日本サービス大賞委員会」が行います。

1.顧客から見たサービスの良さ(明快性、革新性、優越性)

2.「サービスをつくりとどけるしくみ」※2の良さ(明快性、革新性、優越性)

3.成果(顧客価値、事業の継続性・発展性)

4.サービスイノベーションを通じた社会の発展への寄与(モデルとしての期待)

生産性向上や付加価値拡大、経営システム革新(IT、研究開発等)、社会的課題への対応、従業員の働きがいや働きやすさの向上、地方創生・地域活性化、グローバル志向とその実践、持続可能な社会の実現(SDGsやESGへの寄与)等

  • ※1

    ここでは、サービスこそが経済・企業活動の中心にあり、モノはサービスの価値を実現する手段の一つであるという考え方を基盤としています。そして、価値は提供者が一方的につくれるものではなく、提供者の持つ知識・スキルをもとに行う価値提案によって、顧客の求める価値を提供者とともに実現する「価値共創」こそがサービスの本質であると考えます。

  • ※2

    ここでは、サービスを提供するための構造やプロセス(改善・革新のプロセスを含む)の総体を「サービスをつくりとどけるしくみ」といいます。

■ 委員長メッセージ

「イノベーションを先導するサービスを見いだし伝えたい」

日本サービス大賞委員会 委員長
村上 輝康
産業戦略研究所 代表
(元 野村総合研究所 理事長)

これまで誰も注目しなかった顧客層に着目したサービス、目の覚めるようなコンセプトを持つサービス、従業員の創意を生かす仕組みを持ったサービス、果敢にデジタル化に取り組むサービス、一気に全国に広がり、さらに世界を狙うサービス。
そんな革新的で競争力を備えた価値共創の現場を見いだしたい。その革新のスタイルや発想を伝えたい。
日本のサービス産業の生産性が低いのは、まぎれもない事実です。サービス産業や、サービス化を進める製造業、農林水産業が一斉にイノベーションを起こせば、令和の経済・社会はもっと素晴らしいものになるはずです。

top

協賛企業・団体

受賞企業・団体

幹事企業・団体

©サービス産業生産性協議会(SPRING)