表彰対象と応募対象者

■ 表彰対象

「革新的な優れたサービス」

サービスの高度化と産業の発展を先導する、きらりと光る新しい価値を提供しているサービスや、
これまでになかった新しいやり方を実現しているサービスを募集します。




高齢化や人口減少など、
日本の社会的課題を
解決に導くサービス




先端のテクノロジーで
提供価値や生産性を
向上させているサービス




働きやすさや人材への投資、
活用において優れた
サービス




私たちの食生活を
楽しく豊かにしてくれる
サービス




地域の魅力を引き出し、
住む人も訪れる人も
幸せになれるサービス




日本のグローバル化に
貢献しているサービス




製造業における
顧客と一緒に
価値を創るサービス




非営利法人における
地域を支える
助け合いのサービス

■ 日本サービス大賞を受賞すると

その優れたサービス、日本全国にお伝えします!

受賞サービスを広く広報(プレスリリース)いたします。表彰式では多くの報道関係者が集まる中、各大臣等から直接表彰される様子を広くお伝えします。

表彰終了後も、日本サービス大賞ホームページでの事例掲載、紹介冊子(事例集)や受賞事例報告会におけるご講演などで、企業・団体やサービスを広くお伝えしていきます。

■ 応募対象者

日本国内に拠点を置く事業者であれば、業種や事業の営利・非営利を問いません。製造業、農林水産業によるサービス事業も応募可能です。

  • 但し、公序良俗に反する等、社会通念上不適切と思われる事業者は除きます。

応募できるサービス事業は、応募時点で実際に提供しているものに限ります。但し、行政サービスは応募できません。

同一事業者から、複数のサービスを応募可能です。

過去に応募したことのあるサービスでも応募可能です。

全国各地の事業者の皆様からのご応募をお待ちしております。
top

協賛企業・団体

受賞企業・団体

幹事企業・団体

©サービス産業生産性協議会(SPRING)