第3回 受賞サービス

総務大臣賞

サービス名
さまよい、探索し、発見する
共創型「デジタルアート ミュージアム」
事業者名
森ビル株式会社/チームラボ株式会社(東京都)
業種
美術館
従業員数
4,111人(森ビル)/700人(チームラボ)(非正規含、発表時点)
サービスの概要
「Borderless」をコンセプトに先端の映像テクノロジーと、日本の古典芸術や自然を表現したデジタルアートを融合し、東京・お台場の10,000㎡の空間に500台を超える、コンピューターと高精細プロジェクター、無数のセンサーによって「身体ごと作品に没入する,双方向の映像体験」を提供。従来の美術館とは全く異なる「デジタルアート ミュージアム」という、アート・エンターテイメント・教育等の複合サービスの新業態を創出した。
特に評価されたポイント
  • ①鑑賞者の動きを察知したコンピューターアルゴリズムによって、作品が次から次へと変化。その場、その時、その人だけのデジタル映像アート体験を提供する双方向の超臨場映像サービスを確立。
  • ②海外の顧客がチケットを事前に直接購入したり、混雑を回避するよう入館スケジュールを最適化できるなど、顧客管理に関しても優れたITシステムを自社開発。コロナ禍にも柔軟に対応。
  • ③SNSなどにより来場者の活発な情報発信が行われた結果、来館した訪日外国人の半数以上が「この施設を目当てに東京に来た」と回答しており、東京の新たなグローバルな集客拠点となっている。
受賞者の声
森ビル株式会社 代表取締役社⾧ 辻󠄀 慎吾
/チームラボ株式会社 代表 猪子 寿之

栄誉ある賞を賜り、大変光栄に存じます。国際的デスティネーションとすべく、ここでしか得られない体験や、身体ごと没入するアート空間を追求して参りました。引き続き、首都・東京の磁力向上に貢献してまいります。

※掲載写真は本賞に関係のない使用目的での2次利用を固く禁じます

top

協賛企業・団体

受賞企業・団体

幹事企業・団体

©サービス産業生産性協議会(SPRING)